田村由美の代表作『BASARA』が話題 

田村由美さんによる好きな作品シリーズラストです^^

むぎが三番目に読んだ作品です( *´艸`)

出会った二人がお互いの敵とは知らずに恋愛関係になっていくという話です。

個人的には胸が張り裂けそうになるくらい感情移入しました。

お仕事でのリーダーシップについても学べました。

いい上司と悪い上司の例のように対比しているように感じました。

・・・とは言ってもいい上司って難しい(´;ω;`)

目次

BASARA あらすじ

20世紀末。大いなる災いが起こり、地球は滅亡の危機を迎えた。世界の文明や科学はいったん滅び退化。国は昔のように王制が敷かれ、暴君が支配し人々は圧政に苦しんでいた。

それから300年後。日本は京を中心とした4つの州に分かれ、未だ王家の支配に苦しめられていた。そんな中、山陰地方の白虎の村に双子の兄妹が誕生。兄であるタタラは国を救うと予言された「運命の子供」として、村の希望と期待を一身に集めていた。一方、妹である更紗は、常に「タタラの妹」としてしか見てもらえないことに寂しさを募らせていたが、優しい兄を始めとする家族や村のみんなに囲まれ明るく元気に暮らしていた。

しかし、2人が15歳になったある日、国王の末子である赤の王の軍勢が、白虎の宝刀を所持していることを謀反とみなし村を急襲。タタラと村の長である父が殺害されてしまい、母はいずこかへ連れ去られてしまう。皆が絶望に沈む中、更紗はタタラの「わたしがいない時はお前がこの村を守るんだよ」という言葉を思い出し、髪を切ってタタラとして立ち上がった。実は、その更紗こそが予言された「運命の子供」であったのだ。正体を隠しタタラとして生きることを決めた更紗は、白虎の宝刀を携えて赤の王を倒すべく旅に出る。

道中、温泉で一人の青年・朱里と出会い、更紗として心惹かれていくが、実はその青年こそが、父と兄を殺し村を滅ぼした元凶である赤の王だった。2人はお互いの正体を知らずに絆を深め合ってゆく。

Wikipediaより引用
BASARA – Wikipedia: 田村由美の代表作『BASARA』が話題 

魅力的なキャラクター

田村由美さんの描くキャラクター好きです(*’ω’*)

主人公の更紗も恋の相手も朱里もどちらもいいキャラしてます。

どちらかという更紗が好きです。

どんな困難にも考えて考えて考えて頑張るところがかっこいい。

でも心の中はとても怖くてたまらないのに頑張っていて勇気をもらえます。

うん、応援したくなる。

人間らしく、一人で頑張ろうとしているところが放っておけない女の子。

朱里は俺様キャラだけど、更紗と出会って少しずつ変わっていくところも魅力的です。

現実にいたら、私は鼻血をだすかもしれません・・・。

朱里の弟の浅葱(あさぎ)も魅力的です。

とても歪んでいて、素直じゃなくて影がある感じが素敵。

何度も読んでいるのですが、時間が経ってしまっていてあまり語れなかったかも。。。(´;ω;`)

ここまで読んでくれてありがとうございます。

よかったらシェアしてもらえると嬉しいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代子なし主婦/結婚歴8年目/夫婦の危機となった時、いろんな本やブログを読み実践した結果、仲良し夫婦となる。
趣味/猫が好きで3匹飼っている/20代はインドアだったが今はアクティブになり今はひとり旅に挑戦/副業に挑戦中で内容はブログ、高額配当株、絵本作家を目指しています。よろしくお願いいたします(*´ω`*)

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次